うつに負けない

うつ病かどうかチェックしよう|心を穏やかに保つ極意

立場と一緒に負担も上がる

ドクター

まずは自分で診断

労働は生きるうえで必要不可欠なことであり、健全な生活には欠かせません。その責任の重さに耐え抜くメンタルは、今備わっているでしょうか。責任のある立場の人にとって、メンタルほど重要なものはないでしょう。苦労が大きい分、そういった人たちはうつ病にかかりやすいです。管理職でうつ病になると、企業の指揮に多大な影響が出るのが目に見えます。精神的な問題で統制が狂うのは、何としても避けたいところです。最近苦労が多いなと感じたら、本格的に問題になる前にチェックしましょう。しかし、自力ではかなり難しいです。なにせ、多くの人が自分のことは自分で判断します。精神的な要素がからむとその傾向がなおのこと強くなります。明らかな不調を感じているのに「大丈夫」では、それこそ大事になってしまいます。メンタルのことは、同じメンタルの専門家に任せましょう。素直に精神科に行ってうつ病のチェックを受けるのがベストです。うつ病のチェックでは、簡単な質問に答えます。普段の生活はどんな感じか、家族や職場の人との関係はどうかなど身の回りのことを整理しておきましょう。慢性的な腹痛や睡眠障害などがある場合は、それもふまえるようにします。質問の中には、答えにくいと感じる内容もいくつかあります。精神が限界でお腹が痛いなんていうのは、結構答えにくいです。それでも正確に答えるようにしましょう。初めてうつ病のチェックを受ける人は、事前準備が重要です。インターネット上ではチェックの内容を紹介している記事があります。それを参考にすれば、どんなことを聞かれるのかが大まかに把握できます。質問されたことにスパッと的確に答えられるようにしておくと、スムーズにチェックが進むうえ先生も自分のことを理解しやすくなります。確実に情報を伝えることが大切だということを覚えておきましょう。病院によっては、ホームページに自己診断できるうつ病のチェックシートを掲載しています。いきなり病院に行くのは不安だという人は、まずはチェックシートを利用してみましょう。チェックシートがプリントアウトできるのであれば、病院に持って行くとスムーズに診察が行なえます。伝えにくい症状などはチェックシートに書き込んでおくと、直接医師に伝えずに済むので、精神的負担を軽減させることができます。うつ病は、個人だけで解決するのは難しい病です。極力病院には家族に付き添ってもらうなど、周囲に協力を求めることが大切です。

2種類あるうつとその特色

カウンセリング

メランコリー型と非定型の2種類に分けられるのが、うつ病の特徴です。また、現在では脳内血流量のチェックができる光トポグラフィー検査を行う病院も多く、これにより脳の活動を視覚化して、信頼性の高い診断が行えるようになっています。

心の病はまずは自己審査

婦人

うつ病の症状には個人差があり、それぞれ現れる症状が違います。たとえば意欲の低下や思考力の低下を感じたときは、うつ病の診断チェックを受けて、早めに医療機関にかかり、カウンセリングを受けることが大切です。

精神が消沈する原因の究明

悩む人

現代では精神的な疾患が問題視されています。精神的に参った時は、自分の状態を把握するためにうつ病のチェックを受けましょう。チェックの結果で自分がどんな生活をしているか、改善のために自分がどう動けばいいかを考えることができます。

早期発見が重要

ナース

うつ病を発症すると精神的な症状だけではなく、身体的な症状もあらわれます。最近疲れやすかったり、特に自分の好きなものに対して興味がわかなかったりするという人は一度自分でチェックしてみて、怪しいなと感じたら出来るだけ早く病院に行きましょう。

心の状態が気になったら

医者

自分はうつ病になっているのかもしれない、そう感じているのなら、無料診断ができるチェックツールを試してみるのが良いでしょう。日常に関する簡単な質問に答えるだけで、うつ病の可能性についてチェックすることができます。